スキャナーの性能

スキャナーとは、センサーを介して情報をビット単位で読み取る機械のことです。分かりやすくいうと、コピー機の読み込み部だけの機械です。

コピー機は、読み込んだ情報をそのまま紙に印刷するのですが、パソコン周辺機器であるスキャナーは、読み取った情報をパソコンへと伝えます。その情報をそのままプリンターで印刷するとコピーになり、電話線を通じ相手のプリンター(FAX)へと送ると、FAXになります。 スキャナーのセンサーには、CCDとCISがあります。CCDは本体サイズも大きく価格も高めですが、ピントのずれは少ないのが特徴です。CISはサイズも小さく安価なのですが、ピントのずれがあり性能はあまりよくありません。コピーのように使うのであればCISで十分ですが、画像処理専門として使用するのであればCCDがお勧めです。

スキャナーは情報をビットで読み取りますので、解像度はスキャナー選びでは重要なポイントです。現在では安価な商品であっても解像度が高いものが多いのですが、解像度が高ければより綺麗に画像を取り込むことができます。ですがそれは情報が多いということですので、性能が低いパソコンですと画像処理の際には動きが鈍くなることは必然だといえます。

主に書類などを取り込み、コピーやFAXなどの代わりに使用するのであれば、最近の安価なスキャナーですと十分過ぎる性能があります。フィルムなどの特殊な素材であったり、画像処理などで情報量が必要な場合ですと価格より性能で選んだほうが間違いはないようです。

※特選外部リンク
スキャン作業を代行するサービスを行っている会社です > > > スキャン